財産評価基本通達による土地評価実践講座

土地評価をする上で、最低限知っておかなければならない不動産の知識をまず学び、次いで、宅地の評価単位・想定整形地の考え方を中心に、路線価方式や宅地比準方式による不動産評価を実例(演習形式)を通して基礎から学びます。

講座内容

【1日目】倍率地域にも必要な路線価評価の基礎
1.土地評価の前提
  ① 路線価図の見方
  ② 評価明細書の書き方
  ③ 調整率表の見方
2.不動産現地調査のポイント
3.宅地の評価単位(利用区分)
4.地積を求める
5.間口距離の求め方と間口狭小補正率
6.不整形地
  ① 想定整形地の取り方とかげ地割合
  ② 想定整形地の間口距離
  ③ 不整形地補正率
  ④ 奥行長大補正率
7.奥行価格補正の仕方
 
【2日目】土地評価の実務
1.奥行価格補正 4つの方法
2.角地・準角地
3.二路線以上に面している宅地
4.路線価の設定されていない道路にのみ接している宅地
5.私道の用に供されている宅地
6.無道路地・接道義務を満たしていない宅地
7.がけ地
8.容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地
9.セットバック・都市計画道路予定地
10.広大地
11.借地権
12.利用価値が著しく低下している宅地の評価
13.市街化調整区域等の倍率地域の評価
14.市街地山林等の評価(宅地比準)
15.純山林の評価

※両日「筆記用具」、√が計算できる「電卓」をご持参ください。

講 師

APコンサルティング㈱
代表取締役
原 卓司 氏

【略歴】 
昭和41年 北海道札幌市生まれ
平成03年 拓殖大学商学部卒
平成03年 東京都内税理士事務所勤務(資産税部長)
平成23年 現職
【講師実績】
三井生命保険(株)、大成建設ハウジング(株)、三井住友銀行(株)、旭化成ホームズ(株)、TCTコンサルティングJA札幌、(株)LIXILイーアールエージャパン、(株)ミニミニ中央、JAIFA その他
年間講演数 70~80回
開催日時 2015年4月2日(木)・3日(金)
両日 10:30~17:00(受付開始10:00)
場所 AP大阪梅田茶屋町【地図
〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町1番27号 ABC-MART梅田ビル8F

・JR「大阪駅」をご利用の場合:御堂筋口より徒歩約3分
・阪急電車をご利用の場合:「梅田駅」2F茶屋町口改札口より徒歩約1分
・地下鉄御堂筋線をご利用の場合:「梅田駅」北改札より徒歩約3分
・地下鉄谷町線をご利用の場合:「東梅田駅」北東改札・北西改札より徒歩約5分
・阪神電車をご利用の場合:「梅田駅」東改札口より徒歩約5分

受講料(税込) 30,000円(税込)
土地評価に必要な「三角定規・三角スケール」付
定員 30名
お申込み多数の場合は、事前に締め切らせていただきます。
また、事前入金による先着順とさせて頂きますので、予めご了承下さい。
お問い合わせ (株)ファルベ 【TEL】03(5542)1534
共催 (株)清文社

予約

このセミナーの予約は終了しました。