闘う姿勢ではなく、財産評価の範疇で、税理士が“自ら”不動産を調査し、理論的かつ客観的な観点から“なぜ”広大地評価に至ったかを「証明」するための実践ノウハウ講座

広大地は財産評価基本通達による評価ですので、不動産鑑定士などの外部の『意見書』を活用するよりも、税理士自らが不動産を調査し、財産評価基本通達にあてはめ、広大地を判定することが“円滑な争いのない相続”を考える上では重要な要素と言えます。

ただし、広大地は、最低限の不動産の知識がなければ対応できないのは事実です。

そこで、不動産の専門家の立場から広大地に必要な都市計画法・建築基準法などの知識をまず解説し、現地調査・役所調査をする上で、どのような点に留意し、対応すべきかを具体的な事例を通じて解説いたします。また、不動産の基礎調査を踏まえ、どのような点に着目し、何を広大地理由書に書くべきか及び説得力のある資料の添付についても言及いたします。

講座内容

1.広大地の定義及び趣旨
2.広大地に必要な不動産の知識
  都市計画法/建築基準法/条例その他
3.広大地判定に役立つ不動産調査の仕方
  役所調査/現地調査/その他調査
4.基礎資料から見た広大地判定のポイント
5.事案別、広大地理由書の書き方のポイント
  マンション適地/開発道路の有無/路地状敷地/著しく広大か/その他
6.説得力のある添付資料の収集及び作成のポイント

【受講者特典】 『広大地理由書』の見本データを配布!

講 師

株式会社ファルベ
代表取締役
石川 真樹

早稲田大学社会学部、東京理科大学第二工学部建築学科卒業。
1997年 (株)東京アプレイザル入社。2003年 同社において、セミナー事業部を立ち上げ、11年にわたり事業部最高責任者として勤務。自らもセミナー講師としても登壇する一方、相続・不動産ビジネスの新たなマーケットを開拓し、同社の業績の飛躍的な伸展に大きく貢献した。
2014年 独立し、(株)ファルベを設立。これまでに培ってきた幅広いネットワークを活かし、人と人との「つながり」に重点を置いた事業展開を目指す。さらに充実したセミナーの企画・運営に加え、「相続ビジネス」における新しいソリューションシステムの構築に向けて邁進中。
開催日時 2015年4月7日(火)10:30~17:00(受付開始10:00)
場所 ウィズビジネスセンター【地図
東京都中央区日本橋3-3-3 八重洲山川ビル5F
東京駅(八重洲北口改札・21出口)・東京メトロ日本橋駅(B3出口)より徒歩約3分
受講料(税込) 30,000円(税込)
定員 40名
お申込み多数の場合は、事前に締め切らせていただきます。
また、事前入金による先着順とさせて頂きますので、予めご了承下さい。
お問い合わせ (株)ファルベ 【TEL】03(5542)1534   担当:藤井・内海

予約

このセミナーの予約は終了しました。