西村 実

【不動産ビジネススクール 第8回 定例会】不動産取引と相続から考える土壌汚染の調査・浄化と土壌汚染地の売買・評価

土壌汚染対策法が制定されてから12年が過ぎ、今では工場跡地での不動産取引は土壌汚染の調査を行うことが一般的になっております。また、各自治体でも条例が制定され、不動産に関わる方たちにとっては避けては通れない問題になっております。
そこで、本講座では土壌汚染のリスクのある不動産に関し、どのような手順で調査を進めるか、また、土壌汚染があった場合の浄化方法として掘削除去に加えて安価な原位置浄化という浄化方法についても解説します。また、当グループで行っている土壌汚染地の「買取スキーム」について事例を交えながら解説します。
最後に、土壌汚染地の財産評価と生前対策の重要性についても言及いたします。

講座内容

1.土壌汚染の調査
 ① 調査の契機 
 ② 自主調査と土対法・条例調査 
 ③ 指定区域とは
2.土壌浄化
 ① 掘削除去 
 ② 原位置浄化 
 ③ 地下水モニタリング
3.土壌汚染地の買取
 ① 買取スキーム  
 ② 買取事例(要措置その1)
 ③ 買取事例(要措置その2) 
 ④ 買取事例(リースバック)
4.土壌汚染地の財産評価と生前対策

講 師
(株)エンバイオ・ホールディングス/
(株)アイ・エス・ソリューション
代表取締役 工学博士
西村 実 氏

大阪大学工学部 醗酵工学科 卒業
1981年 ライオン㈱入社
1990年 ㈱日本総合研究所入社
同社において、土壌汚染問題に取り組み、環境庁(当時)、通産省(当時)、農林水産省、厚生労働省等の委員を歴任。
2003年 土壌汚染対策法の施行に合わせて、㈱アイ・エス・ソリューションを設立して、土壌汚染対策事業に参入。
現在、㈱エンバイオ・ホールディングスを率いて、土壌汚染問題のトータルソリューションを提供。

株式会社ビーエフマネジメント
代表取締役
山本 敏仁 氏

九州工業大学 設計生産工学部建設学科 卒業
中堅ゼネコン、大手デベロッパーを経て当社入社。
2014年4月より現職。
1件でも多くのブラウンフィールドを流動化させるべく日々奔走中。

株式会社ファルベ
代表取締役
石川 真樹

早稲田大学社会学部、東京理科大学第二工学部建築学科卒業。
1997年 (株)東京アプレイザル入社。
2003年 同社において、セミナー事業部を立ち上げ、11年にわたり事業部最高責任者として勤務。自らもセミナー講師としても登壇する一方、相続・不動産ビジネスの新たなマーケットを開拓し、同社の業績の飛躍的な伸展に大きく貢献した。
2014年 独立し、(株)ファルベを設立。これまでに培ってきた幅広いネットワークを活かし、人と人との「つながり」に重点を置いた事業展開を目指す。さらに充実したセミナーの企画・運営に加え、「相続ビジネス」における新しいソリューションシステムの構築に向けて邁進中。
開催日時 2015年7月22日(水)14:00~17:00(受付開始13:30)
場所 ビジョンセンター東京【地図
東京都中央区八重洲2-3-14 ケイアイ興産東京ビル 4F-7F B1
●最寄駅からの所要時間
JR東京駅 八重洲南口 徒歩2分・東京メトロ銀座線京橋駅 7番出口徒歩2分
受講料 一般:15,000円(税込)
不動産ビジネススクール会員・会員からの紹介:無料
※ 初めての方に限ります。
Farbe不動産ビジネススクール詳細・ご入会はこちら
定員 60名
お申込み多数の場合は、事前に締め切らせていただきます。
また、事前入金による先着順とさせて頂きますので、予めご了承下さい。
お問い合わせ (株)ファルベ 【TEL】03-6228-3272 担当:藤井・内海

申込みフォーム

このセミナーの予約は終了しました。