石川 真樹

<横浜>【相続に強くなるための特別講座】相続ビジネスの幅が広がる!!『広大地マスター講座』

広大地調査・判定は怖くない、税理士ができる効率的、かつ、現実的な調査手法

講座内容

相続セミナー:広大地マスター講座1. いまさら聞けない「広大地」
2.広大地のストライクゾーン ~形式基準×実質基準
3. 広大地の基礎 ~用語の意義とその概念~

 (1) その地域の範囲 ~不動産鑑定評価基準の「近隣地域、類似地域、同一需給圏」の理解
 (2) 地域における標準的な宅地の地積と標準的使用
 (3) 知っているようで知らない広大地面積基準
 (4) 開発行為
 (5) 公共公益的施設用地(開発道路)の負担
 (6) 中高層集合住宅等の敷地用地に適しているとは ~間違いやすい三要件~
4. 具体的な広大地調査・判定の実務
 (1) 戸建分譲適地×マンション適地の判断 ~容積率の重要性
 (2) 戸建分譲適地×商業店舗適地、工場適地かの判断 ~周辺の利用状況
 (3) 建物が建っている敷地の広大地 ~現地に宅地として有効利用されているかの判断
 (4) 容積率300%以上の敷地は広大地不可能?
 (5) 市街化調整区域の広大地 ~倍率地域の問題点…単なる倍率評価ではない
 (6) 開発道路が必要か否かの判断 ~路地状開発が不合理なケースを考える

広大地調査、ここがポイント!!
◆ 評価対象地の容積率 ~都市計画法の容積率ではなく、実際に使える容積率!!
 ・道路幅員による容積率の制限
 ・日影規制、高度地区の規制による容積率の制限
 ・その他容積率が制限される規制、条例など
◆ 最有効使用の判断と容積率の関係
◆ 開発登録簿及び建築計画概要書の入手
◆ 一般的に「路地状開発」が行われている地域か
◆ 各自治体の「開発指導要綱」をチェック ~開発面積基準と最低敷地面積


特典
広大地判定チェックシート 付

 

講 師

株式会社ファルベ 代表取締役
相続・事業承継実務研究会 事務局長
石川 真樹

宮城県石巻市出身、早稲田大学社会科学部、東京理科大学第二工学部建築学科卒業。
1997年 (株)東京アプレイザル入社。
2003年 同社において、セミナー事業部を立ち上げ、11年にわたり事業部最高責任者として勤務。
自らもセミナー講師としても登壇する一方、相続・不動産ビジネスの新たなマーケットを開拓し、同社の業績の飛躍的な伸展に大きく貢献した。
2014年 独立し、(株)ファルベを設立。
これまでに培ってきた幅広いネットワークを活かし、人と人との「つながり」に重点を置いた事業展開を目指す。さらに充実したセミナーの企画・運営に加え、「相続ビジネス」における新しいソリューションシステムの構築に向けて邁進中。
開催日時 2015年10月21日(水)16:00~19:00(受付開始15:30)
場所 AP横浜駅西口【地図
神奈川県横浜市西区北幸2丁目6番1号
横浜APビル
●最寄り駅から所要時間
JR東海道線・JR京浜東北線・JR横須賀・総武線「横浜」駅西口徒歩6分、横浜市営地下鉄「横浜」駅徒歩約3分、
東急東横線・みなとみらい線「横浜」駅徒歩約6分、相模鉄道線「横浜」駅徒歩約5分、京浜急行線「横浜」駅徒歩約6分
受講料 1名様:10,000円(税込)
1社(3名様まで):18,000円(税込)
定員 40名
お申込み多数の場合は、事前に締め切らせていただきます。
また、事前入金による先着順とさせて頂きますので、予めご了承下さい。
お問い合わせ (株)ファルベ 【TEL】03-6228-3272 担当:藤井・内海

申込みフォーム

このセミナーの予約は終了しました。