相続セミナー:財産評価に係る税務判断の実務マニュアル相続税は、俗に『財産評価に始まって、財産評価に終わる』といわれており、財産評価(特に、土地評価、株式評価、そして、最近は同族会社等に対する貸付金銭債権の評価)を間違い無く実行できることは不可欠な実務遂行能力であると考えられます。
そこで、この講座では、財産評価の実践的レベルとして、実務上、解釈が困難な要素を有する項目を抽出して、解決手段を模索する方法を検討することにします。
テキストには、『ケーススタディ 相続税財産評価の税務判断』((株) 清文社より平成28年1月刊行予定)を使用して、財産評価に係る神髄の論点(通達や実務問答集だけでは読み切れない財産評価の『勘所』とも称される項目)を確認します。

講 師

笹岡会計事務所 所長 
税理士
笹岡 宏保 氏

1962年兵庫県神戸市出身。1981年関西大学経済学部入学。1983年大原簿記専門学校非常勤講師就任。1984年税理士試験合格。1985年関西大学経済学部卒業。その後、会計事務所に勤務(主に相続・譲渡等の資産税部門の業務を担当)。1991年笹岡会計事務所設立。現在、多くのクライアントの税務申告代理を行っている一方、各税理士会の「統一研修会」等の資産税講師、民間研修機関の講師として活躍している。

【主要著書】
『<相続税・贈与税>財産評価の実務』 清文社
『Q&A 税理士のための税務判断実務マニュアル』 清文社
『詳解 小規模宅地等の課税特例の実務 重要項目の整理と理解』 清文社
『これだけはおさえておきたい相続税の実務Q&A』 清文社

開催日時 1日目:2016年 1月23日(土) 10:30~17:00 (受付開始10:00)
2日目:2016年 1月24日(日) 10:30~17:00 (受付開始10:00)

場所 ビジョンセンター東京【地図
東京都中央区八重洲2-3-14 ケイアイ興産東京ビル 4F-7F B1
●最寄駅からの所要時間
JR東京駅 八重洲南口 徒歩2分・東京メトロ銀座線京橋駅 7番出口徒歩2分
受講料 一般:50,000円(税込)
笹岡宏保税理士による連続研修「資産税実務」全講座総合申込はこちら
定員 50名
お申込み多数の場合は、事前に締め切らせていただきます。
また、事前入金による先着順とさせて頂きますので、予めご了承下さい。
お問い合わせ (株)ファルベ 【TEL】03-6228-3272 担当:藤井・内海

予約

このセミナーの予約は終了しました。