相続セミナー:税理士 笹岡宏保 先生 財産評価の最難関広大地の評価最近、「広大地」に関する土地評価のトラブルが多発しています。広大地に該当するか否かの判定を間違うと、通常の路線価評価に比べ2~3倍の評価差額が発生すると言われており、税務訴訟のリスクを背負うことになります。この財産評価通達上の「広大地」に該当するか否かの判断は、土地評価に精通している税理士でも、その決定に苦慮することが珍しくありません。
そこで、本講座では、「広大地」の通達制定の趣旨、広大地の定義からその解釈運用について、基本的な考え方から既に発生している実務における運用上の留意事項・論点までを広範囲にわたって検討します。
特に、広大地の評価をめぐる最新の論点別に、当該論点を分析するうえで最適な裁決事例を確認分析することにより、実務上の勘所を養うことが可能となります。

講座内容

① 広大地の評価の考え方
② 広大地の定義
③ 広大地の評価方法
④ 広大地に該当するか否かの判断基準
⑤『その地域の標準的な宅地』の確認方法
⑥『マンション適地』の考え方とその確認方法
⑦『路地状敷地』の考え方とその最有効利用性の判定
⑧ 広大地の判定と土地(宅地)の評価単位との関係

 

講 師

笹岡会計事務所 所長 
税理士
笹岡 宏保 氏

1962年兵庫県神戸市出身。1981年関西大学経済学部入学。1983年大原簿記専門学校非常勤講師就任。1984年税理士試験合格。1985年関西大学経済学部卒業。その後、会計事務所に勤務(主に相続・譲渡等の資産税部門の業務を担当)。1991年笹岡会計事務所設立。現在、多くのクライアントの税務申告代理を行っている一方、各税理士会の「統一研修会」等の資産税講師、民間研修機関の講師として活躍している。

【主要著書】
『<相続税・贈与税>財産評価の実務』 清文社
『Q&A 税理士のための税務判断実務マニュアル』 清文社
『詳解 小規模宅地等の課税特例の実務 重要項目の整理と理解』 清文社
『これだけはおさえておきたい相続税の実務Q&A』 清文社

開催日時 2016年5月26日(木)10:30~17:00(受付開始10:00)
場所 <名古屋>
ウインクあいち【地図
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
TEL:052-571-6131
JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
受講料 Farbe定額制クラブ 会員: 無料
ICAN 会員:5,000円(税込)
一般:10,000円(税込)
定員 60名
お申込み多数の場合は、事前に締め切らせていただきます。
また、事前入金による先着順とさせて頂きますので、予めご了承下さい。
お問い合わせ (株)ファルベ 【TEL】03-6228-3272 担当:藤井・内海
共催 一般社団法人全国相続鑑定協会

予約

このセミナーの予約は終了しました。