相続実務(民法面)と相続税・贈与税の申告実務との関係を相互に理解することにより各種論点を整理確認

4日間で、相続実務(民法面)と相続税・贈与税の申告実務との関係を相互に理解することにより、相続を巡る各種論点につき、民法面と税務面(相続税及び贈与税(事例によっては、譲渡所得税))との接点に着目して確認して行きます。
相続税の申告だけではなく、相続全般の実務を確認して行きたいと考えています。

1. 相続財産の範囲
2. 特別受益者が存する場合の相続分
3. 寄与者が存する場合の相続分
4. 特別寄与者が存する場合の特別寄与料の取扱い
5. 相続財産等の価額(評価時点と評価基準)
6. 遺產分割
7. 相続の承認(単純承認・限定承認)と放棄
8. 未分割財産
9. 遺言書
10.遺留分と遺留分侵害額請求権
11.相続の効力等(登記等の対抗要件)
12. 共有物分割
13.居住用財産の生前贈与、遺贈

開催日時

【第1日目】東京 2月12日(月祝) 大阪 2月3日(土)
【第2日目】東京 2月13日(火) 大阪 2月4日(日)
【第3日目】東京 3月23日(土) 大阪 3月30日(土)
【第4日目】東京 3月24日(日) 大阪 3月31日(日)

講 師

笹岡会計事務所 所長
税理士
笹岡 宏保 氏

1962年兵庫県神戸市出身。1981年関西大学経済学部入学。1983年大原簿記専門学校非常勤講師就任。1984年税理士試験合格。1985年関西大学経済学部卒業。その後、会計事務所に勤務(主に相続・譲渡等の資産税部門の業務を担当)。1991年笹岡会計事務所設立。現在、多くのクライアントの税務申告代理を行っている一方、各税理士会の「統一研修会」等の資産税講師、民間研修機関の講師として活躍している。

【主要著書】
『<相続税・贈与税>財産評価の実務』 清文社
『Q&A 税理士のための税務判断実務マニュアル』 清文社
『詳解 小規模宅地等の課税特例の実務 重要項目の整理と理解』 清文社
『これだけはおさえておきたい相続税の実務Q&A』 清文社

場 所

◆東京会場[浜松町]

ビジョンセンター浜松町【地図

東京都港区浜松町2-8-14 浜松町TSビルB1F・4F・5F・6F
TEL:03-6262-3553
・JR山手線・京浜東北線 「浜松町駅(南口-S5階段・金杉橋方面)」 徒歩3分
・東京モノレール羽田空港線 「モノレール浜松町駅(南口-1出口)」 徒歩3分
・都営大江戸線・浅草線 「大門駅(A1出口)」 徒歩5分

◆大阪会場[茶屋町]

AP大阪茶屋町【地図

大阪府大阪市北区茶屋町1-27ABC-MART梅田ビル8F
TEL:06-6374-1109
・JR「大阪駅」御堂筋北口
・地下鉄御堂筋線「梅田駅」北改札 より徒歩約3分(地下街経由直結)
・阪急電車「梅田駅」2F中央改札口より徒歩約1分
・地下鉄谷町線「東梅田駅」北東改札・北西改札 より徒歩約5分

受講料

全4日間 150,000円 (税込)

定 員

各会場 40名
オンラインLIVE 無制限
お申込み多数の場合は、事前に締め切らせていただきます。
また、事前入金による先着順とさせて頂きますので、予めご了承下さい。

お問い合わせ

(株)ファルベ 【TEL】03(6228)3272

予約

このセミナーの予約は終了しました。