芳屋 昌治

芳屋 昌治

2004年に「不動産を持っていて相続・税・老後で悩んでいる人の問題を解決する」ことを目的にプロサーチを設立。これまで1,000件以上の不動産相続案件に携わり、現在も年間300件近い相談を受けている。常に中立公平な立場で相続のプロとして、お客さんの「思い」や「気持ち」を大切にしながら、心と暮らしを豊かにする不動産・相続対策の提案と実行を行っている。2014年6月運用開始の(一社)家族信託普及協会 設立発起人。