鎌倉 靖二

鎌倉 靖二

福岡県生まれ。修猷館高校、明治大学政経学部卒業後、大和ハウス工業㈱を経て不動産鑑定業界へ。
相続・同族会社専門の不動産鑑定事務所として2010年3月みらい総合鑑定開業。
2012年11月株式会社化。
現在、日本全国の不動産1,600件超の鑑定、調査及び仲介業務の経験をもとに、広大地案件や特殊な土地評価のサポートを行っている。同族会社間取引時の鑑定評価依頼も多い。また資産税業務を行っている全国の税理士事務所に、毎月「税理士のための不動産NEWS」を発信中。税理士会等でのセミナー研修、講演多数。
著書に『相続税・贈与税 土地評価実務テキスト』(税務研究会)、『広大地評価ケーススタディ』(中央経済社)、『相続税ゼロの不動産対策』(幻冬舎経営者新書共著)等がある。

鎌倉 靖二

【Farbe 相続・事業承継実務研究会】「必ずマスターしておきたい」相続税土地評価における『減価要因の見極め方』

よく出てくる減価要因を具体的事例でマスター 財産評価基本通達の土地評価は「減額方式」です。土地に潜む減価要因はひとつとは限りませんので、複数の減価要因にいかに気づき評価に反映させるかがポイントとなります。 そこで、本研修 … Read more…