【不動産投資・運用 アドバイザー®養成講座】開催のお知らせ

養成講座の目的
 
不動産価値の評価手法は、事業の収益力に基づいた収益還元法(DCF法)が基本となっています。

不動産実務家としては、投資の検討・事業化の推進においても収益還元に基づいた評価方法を正しく理解し、精度の高い事業企画提案を行なうことや、根拠に基づいた具体的な提案を顧客に示すことが営業戦略上の必須条件となっています。

本講座は、不動産実務家としてDCF法の考え方を確実に身に付け、不動産保有企業や資産家に対して根拠に基づいた具体的な提案を行なえるよう、業務レベルで使えるDCF法の基礎知識から、不動産投資分析(レバレッジ効果、IRR法、リスク分析)や不動産キャッシュフロー表の作成など、多彩な演習を通して習得してまいります。

また、富裕層・資産家が、不動産投資をするメリットを収益性分析だけでなく、相続税対策や事業承継対策(CRE戦略)の観点から説明します。

そして、投資の目的に合わせた出口戦略(生前贈与、同族間売買、法人化、相続、売却・現金化、資産組換え、土地活用、建て替え、耐震化など)が提案できる真のコンサルタントを目指します。

図

『不動産投資・運用アドバイザー®』は士業とは異なり、それ自体で報酬が得られるものではありません。
また、公的資格を付与したり、その他資格を認定するものでもありません。㈱ファルベが、設定した独自名称です。

 
 
不動産投資・運用アドバイザー® 概要

【入会資格】全2日間の養成講座修了者

【入会金・年会費】● 入会金なし  ● 年会費12,000円(税別)

【入会特典】
 ◆ 「不動産投資・運用アドバイザーⓇ」年間使用
 ◆ 「不動産投資・運用コンサルティング」実務サポート
 ◆ 富裕層/資産家向けセミナー開催サポート

【対象者】
 ◆ 投資家の立場に立った不動産投資アドバイスがしたい
   不動産コンサルタント
 ◆ コンサルティング型不動産仲介を目指す方
 ◆ 自身で投資理論・実践手法を学びたい不動産投資家の方
 ◆ 不動産投資を活用した相続税対策をお考えの方
 ◆ 賃貸管理会社から賃貸経営管理会社を目指す不動産事業者

 
 
詳細の案内及びFAXからのお申込みはこちら
 

セミナープログラム

1日目

不動産DCF法の基礎

2日目

DCF法の実務

 

セミナー概要

日時

[東京開場 2019年7月]
〈1日目〉2019年7月2日(火)10:30~16:30(受付開始10:00)
〈2日目〉2019年7月3日(水)10:30~16:30(受付開始10:00)

 

受講料

95,000円(税別)
  → 認定会社ご紹介割引 75,000円(税別)
※認定会社
● 東 京 株式会社ファルベ
     不動産コンサルティングなぎの事務所
● 神奈川 横浜不動産コンサル株式会社
     ベストプラン株式会社
● 名古屋 一般社団法人全国相続鑑定協会
● 大 阪 株式会社レム
     株式会社アセットブレイン
     株式会社エミアス鑑定
● 福 岡 株式会社大央
     司法書士法人みつ葉グループ
● 沖 縄 株式会社シナジープラス

講師

株式会社ファルベ 代表取締役 石川 真樹

 

詳細の案内及びFAXからのお申込みはこちら


不動産投資・運用 アドバイザー®養成講座

不動産DCF法マスター

セミナープログラム

【1日目】不動産DCF法の基礎
1.不動産投資の基礎
 ① 不動産投資の目的  
 ② インカムゲインとキャピタルゲイン(ロス)
 ③ 不動産投資はサイクルビジネス

2.不動産投資と相続・事業承継対策との関係
 ① 投資家目線でのアドバイスに必要なマインド
 ② 資産家に対して有効な相続対策・・・時価と相続税財産評価の相違点
 ③ 企業オーナーに対して有効な事業承継対策・・・時価と簿価の相違点

3.不動産DCF法は「需要者サイド(買主保護)」の価格である
 ① バイヤーズエージェント(買主代理人)時代へ向けて
 ② 不動産DCF法を提案型コンサルティングに活かす

4.不動産の経済価値
 ① 不動産の経済価値発生のメカニズム  
 ② 不動産の経済価値の本質
 ③ 不動産の収益  
 ④ 価格と賃料~元本と果実との関係

5.不動産の利回りを見極める
 ① 利益率と利回りの違い  
 ② 不動産の価値を算定する利回りの種類
 ③ 不動産売買における利回りと価値算定の利回りの違い  
 ④ 割引率と還元利回りの違い
 ⑤ 還元利回りと最終還元利回りの違い

6.収益価格を求める手法
 ① 直接還元法・・・単年度で考える手法
 ② DCF法・・・複数年度で考える手法

7.不動産投資分析の基礎
 ① レバレッジ効果
 ② IRR(内部収益率)法の意味と具体的使い方
 ③ リスク分析

【2日目】DCF法の実務
1.不動産の出口戦略
 ① 相続(遺産分割)
 ② 贈与
 ③ 同族間売買(個人間譲渡)
 ④ 法人化
 ⑤ 第三者への売却

2.総資産利益率の算定とその目的
 ① 価値ある資産と価値のない資産の選別
 ② 利益率の改善提案・・・不動産の組換え
 ③ 相続税評価との比較

3.不動産キャッシュフロー表の作成 【実務演習】
 ① キャッシュフロー表からわかる実務ポイント
  (1)収入項目のチェックポイント 
  (2)費用項目のチェックポイント
  (3)大規模修繕費(資本的支出)の取り扱い
  (4)NOIとNCF(ネットキャッシュフロー) 
  (5)利回り分析
  (6)適正価値
 ② LTV(借入金割合)を変動させた場合のキャッシュフローの推移と借入金限度額
 ③ レバレッジ効果と自己資金収益率の算定  
 ④ その他分析指標

4.「類型別」不動産DCF法実践演習

※本講座は、演習時に「電卓」を使用いたします。当日必ずご持参ください。


参加特典
【キャッシュフロー表】付

 
詳細の案内及びFAXからのお申込みはこちら
 

講 師

株式会社ファルベ 代表取締役
石川 真樹

 
宮城県石巻市出身。宮城県石巻高等学校(高校3年時、全国高校ラグビー大会花園出場)、早稲田大学社会科学部、東京理科大学第二工学部建築学科卒業。
1997年 大手不動産鑑定会社入社、不動産鑑定・不動産コンサルティング業務に従事。2003年~セミナー事業部最高責任者、2007年~不動産コンサルティング部・セミナー事業部兼任取締役。
2014年 相続専門の不動産コンサルティングファームの㈱ファルベを設立。これまでに培ってきた幅広いネットワークを活かし、人と人との「つながり」に重点を置いた不動産相続コンサルティング事業を展開。
開催日時 <1日目>2019年7月2日(火)10:30~16:30(受付開始10:00)
<2日目>2019年7月3日(水)10:30~16:30(受付開始10:00)
会場 株式会社KACHIEL セミナールーム 【地図
東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 6階
TEL:03-6450-4758

【JR品川駅より徒歩4分】
品川駅高輪口を出て右側に進みます。
1階にすき家等の飲食店が入っているビルの6階になります。

受講料(税込) Farbeメンバー 会員: 無料
資産税実務研究会 会員: 無料
一般:95,000円(税別)
  → 認定会社ご紹介割引 75,000円(税別)
※認定会社
● 東 京 株式会社ファルベ
     不動産コンサルティングなぎの事務所
● 神奈川 横浜不動産コンサル株式会社
     ベストプラン株式会社
     株式会社レア
● 名古屋 一般社団法人全国相続鑑定協会
● 大 阪 株式会社レム
     株式会社アセットブレイン
     株式会社エミアス鑑定
     株式会社K-FIRST
● 福 岡 株式会社大央
     司法書士法人みつ葉グループ
● 沖 縄 株式会社シナジープラス
定員 16名(各会場最少開催人数5名以上)
お申込み多数の場合は、事前に締め切らせていただきます。
また、事前入金による先着順とさせて頂きますので、予めご了承下さい。
お問い合わせ (株)ファルベ 【TEL】03-6228-3272 担当:藤井・内海

申込みフォーム

このセミナーの予約は終了しました。