本田 和之

生産緑地の制限解除による農地の有効活用

今、生産緑地が動いている!!!
三大都市圏で終身農業を営むのか?後継人による農業従事の継続は本当に大丈夫か?

相続実務に必須!
市街地農地において、将来を見据え、どんな土地賃借人(テナント、オペレーター)が事業化を可能とするか否かを調査・検討し、租税公課を勘案したうえで、農業収入と不動産収入を比較考量し、主たる農業従事者の相続(終身営農の選択)が起きる前にその対策、農地の有効活用を考えます。

講座内容

1.都市型農業の現状
 ・土地利用制度・土地税制の変遷
2.農地の分類
 ・ 特定市街化区域農地
3.農地の税法上の評価区分
4.生産緑地制度
 ・制限解除方法
 ・ 買取り制度
 ・買取り後の流れ
 ・相続税の「納税猶予」制度
5.三大都市圏以外の農地
 ・権利移転・転用・賃貸借の手続き

講 師
本田 和之
ホンダ商事株式会社
代表取締役
本田 和之 氏

東京都不動産コンサルティング協会 理事NPO法人 首都圏定期借地借家推進機構理事
1964年東京都世田谷区三宿生まれ。法政大学卒業後、マンションディベロッパー、流通小売店舗開発業務、コンサルティング業務など商業施設不動産の開発業務の経験を糧に、情報収集、物件取得、テナントリーシング、契約締結業務などの実績を積む。市場調査、商圏分析に加え、不採算店舗の撤退閉店業務、リロケート、賃料減額交渉業務や契約期間満了に伴う更新時のプランニングなど不動産売買仲介業務をはじめ、特に専門家の協力を得ながら税務的側面および法務的側面から有益な条件を導き、提案・実行する交渉を一番の得意分野としている。
開催日時 2014年12月5日(金)14:00~16:30(受付開始13:30)
場所 ウィズビジネスセンター【地図
東京都中央区日本橋3-3-3 八重洲山川ビル5F
TEL:03-5201-3883
東京駅(八重洲北口改札・21出口)・東京メトロ日本橋駅(B3出口)より徒歩約3分
受講料 20,000円(税込)
定員 40名
お申込み多数の場合は、事前に締め切らせていただきます。
また、事前入金による先着順とさせて頂きますので、予めご了承下さい。
お問い合わせ (株)ファルベ 【TEL】03(5542)1534

申込みフォーム

このセミナーの予約は終了しました。