【名古屋】企業経営の視点 でとらえる 相続対策

~お父様に生前対策の「成功」を“実感”していただく資産承継~

一般的に、相続は「成功」だったか「失敗」だったかもわからずに相続を迎えてしまうことが実状です。
また、争族対策で遺言書を書いたがそれがもとで、兄弟が争ってしまうこともあります。
どのような場合が相続対策の成功なのか?
お父様に相続対策の「成功」を自ら実感していただくことが本当の相続対策の成功と言えます。そのためには、お父様に相続対策を企業経営の考え方を参考に「仕事として」取り組んでもらうことが不可欠です。
そこで、税理士が地主(お父様) にどのようなアプローチをすれば、相続対策の成功を実感していただけるか、全く新しい相続対策のあり方をご提案いたします。

1. 終活やエンディングノートでは、相続対策の成功はない
2. 相続対策の目的は「家」の存続である ~家に終わりはない
3. 「ヒト」「モノ」「カネ」を円滑・最適に組み合わせることで、相続人の利益の最大化を図る
4. これからの相続対策のあり方
  (1) 相続対策の現状
  (2) 相続を企業経営と捉える
  (3) 法人を得意とする会計事務所こそ相続対策提案をすべきである
5. 企業経営の視点がないことによる相続対策の失敗
   ①「争族対策」の失敗事例
   ②「納税資金対策」の失敗事例
   ③「節税対策」の失敗事例
   ④「所得対策」の失敗事例
6. 相続対策を「経営承継」と捉えた対策のポイント

講 師

飯田 高士 氏

税理士法人ファルベ
代表社員・税理士

三重県川越町出身。三重県立四日市南高等学校、日本大学商学部会計学科を卒業後、同大学院商学
研究科博士前期課程修了。
▼ 平成12年に現会長が創業した飯田税理士事務所に入職、法人関与先を中心に税理士業務に従事。
▼ 平成15年~/税理士登録
▼ 平成22年~/飯田税理士事務所所長就任
▼ 平成30年~/税理士法人ファルベを設立、代表税理士に就任。
現在、相続不動産のコンサルティングファームである株式会社ファルベ、社会保険労務士法人ファルベ、行政書士事務所ファルベなどと「ファルベグループ」を形成。
関与先様がいま向き合うべき「課題の発見」から「解決策の提案・実行、定着・最適化」までグループ全体でサポートする「本物のワンストップサービス」を追求。 特に半世紀に亘るお付き合いがある老舗企業様、地主様が多いことから、近年では法人所有を含む不動産の承継対策に注力している。
開催日時 生講座
2019年12月3日(火)13:30~15:30(受付開始13:00)

場所 ウインクあいち地図

愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
TEL:052-571-6131
・JR名古屋駅 桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分

受講料
(税込)
一般:5,000円(税込)

定額制クラブ 会員: 無料
資産税実務研究会 会員: 無料

定員 生講座会場受講 先着40 名様

お申込み多数の場合は、事前に締め切らせていただきます。
また、事前入金による先着順とさせて頂きますので、予めご了承下さい。

お問合せ (株)ファルベ 【TEL】03-6228-3272 担当:藤井・内海

申込みフォーム

このセミナーの予約は終了しました。